札幌市、清田区で障がいのある方の回復期のリハビリテーションや、慢性の病気をお持ちの方の長期にわたる療養を支援いたします。

札幌市清田区真栄331番地
TEL011-883-1122

尚仁会トップ真栄病院病院紹介・ごあいさつ

ごあいさつ

理事長・院長 小笠原 俊夫

理事長・院長
小笠原 俊夫

自分自身や身近な人が病気になったりすることで、「健康である」ということの大きな関心を持ったり、「生きる」ということに新たな価値観を持つことがあるのではないでしょうか。
  医療の進歩は長寿をもたらし、少なからず健康を取り戻すことが出来るようになりました。しかし、その一方で病気は複雑となり、いくつかの病気を併せ持つ方も増えてきています。
  このような中で、たとえ慢性の病気や大きな障がいを持ったとしても、私たちは社会や家庭の中で大きな役割を担い、自立した生活を築くことが大切だと思います。
  当院は、病気や障がいを持った方が少しでも自立した生活を築くことが出来るよう、リハビリテーションを中心としたケアに積極的に取り組んでおります。
  高齢の方や障がいを持った方が病気を患うと生活能力が急激に低下してしまうことが多く、病気の治療とリハビリテーションを安心して受けられる病棟機能が大切と私たちは考えています。
  疾病の発症が年齢を問わず、また日々進歩する医療の恩恵も年齢問わず受けられることになっています。
  私たちの担う医療にもこの変化が必要と考えております。
  一般病棟ではやや病状の重い方の治療を担い、回復期リハ病棟では急性期の疾病の治療後の病状管理とリハビリテーションを担い、長期療養病棟では進行性や再発するような改善の困難な方の治療と生活能力の低下を少しでも遅らせるように関わっていくことを目指しています。
  病気の回復とともに日常生活能力の改善、さらに地域での生活を再建できるように、私たち職員は支援していきます。
  病気や障がいを抱えてしまった方が一人でも多く笑顔で活きいきと生活することが出来ますよう、切に願っております。

理念

  1. 生活能力を支える医療の提供
  2. 慢性の病気や障がいを抱えての療養や介護に対する生活支援

施設紹介

当院の施設を一部ご紹介いたします。

CT(コンピューター断層撮影装置)、X線室、臨床検査室、生理機能検査室、理学療法訓練室、作業療法訓練室、言語療法訓練室、歯科治療室、大浴場、特殊浴槽室など

大浴場
大浴場
リハビリ訓練室
リハビリ訓練室

患者さんの早期退院を目標とし、身体機能障害の改善を中心に訓練を行います。

ルチスライスCTシステムAlexion
マルチスライスCTシステムAlexion

読影専門医による遠隔読影システムを採用しています。

施設概要

名称
医療法人 尚仁会 真栄病院
(イリョウホウジン ショウジンカイ シンエイビョウイン)
所在地
〒004-0839 札幌市清田区真栄331番地
TEL
(011)883-1122
FAX
(011)883-0111
E-Mail
shin-ei.hp@syoujinkai.or.jp
開院年月日
昭和57年10月1日 (法人開設 昭和56年9月25日)
診療科目
内科・神経内科・リハビリテーション科
診療受付時間
月〜金曜日 9:00〜12:15 / 午後は応需体制となります。
土 曜 日 第2.4 9:00〜12:00
休診日
日祝祭日、開院記念日(10/1)、年末年始(12/30〜1/3)
曜日により前後に振り替える事もございます。
許可病床数
166床 一般病棟(55床)※地域包括ケア病室含む 回復期リハ病床(55床) 療養病棟(56床)
面会時間
10:00〜20:00
主な施設基準
健康保険・国民健康保険取扱機関、生活保護法指定病院、労災保険指定病院、結核予防法指定病院、被爆者一般医療指定病院、特定疾患医療委託病院、小児慢性疾患医療委託病院、精神医療法指定医、身体障害者福祉法指定医
主な診療設備
CT(コンピューター断層撮影装置)、X線室、臨床検査室、生理機能検査室、理学療法訓練室、作業療法訓練室、言語療法訓練室、歯科治療室、大浴室、特殊浴槽室、など
現職員総数
医師7名、薬剤師3名、看護師71名、介護職員50名クラーク含める、診療放射線技師1名、臨床検査技師1名、理学療法士22名、作業療法士19名、言語聴覚士9名、MSW5名、管理栄養士2名、事務職員12名、その他17名
(平成28年6月1日現在)